カラーを長持ちさせるためにも髪が染まる仕組みを知ろう!

カラーを長持ちさせるためにも髪が染まる仕組みを知ろう!

せっかくヘアカラーをするなら、施術直後のカラーをできるだけ長く保ちたいものです。少しでもお気に入りのカラーを長持ちさせるためにも、ヘアカラーの仕組みを知っておきましょう。加古川でハイクオリティな施術の美容院をお探しでしたら、ぜひLegame.をご利用ください。

ヘアカラーをする前に知っておきたい!髪が染まる仕組み

ヘアカラーをする前に知っておきたい!髪が染まる仕組み

ヘアカラー剤は大きく分けて脱色剤・酸化染毛剤・酸性染毛料の3種類あります。脱色剤はいわゆるブリーチ、一般的なヘアカラー剤が酸化染毛剤、ヘアマニキュアを酸性染毛料といいます。

ヘアマニキュアは髪の毛をコーティングするように染毛するため、髪の毛の色素(メラニン色素)まで変化することはありません。ブリーチや一般的なヘアカラーの場合、髪の毛を脱色して色を浸透させるため、髪の毛の色素(メラニン色素)が分解されます。

基本的に、アルカリ剤と酸化染料が入った1剤と、酸化剤(過酸化水素)が入った2剤を混ぜることで起こる化学反応を利用して髪の毛を染めていきます。

1剤は髪の毛の表面にあるキューティクルを開いて髪の毛の内側に染料を浸透させる働きがあり、2剤は髪の毛の色素(メラニン色素)を分解・脱色、染料が発色しやすい環境を整える働きがあるのです。

ヘアカラーを長持ちさせるコツ

ヘアカラーを長持ちさせるコツ

少しでも長くお気に入りのカラーを持続させるためにも、ヘアカラーを長持ちさせるコツを覚えておきましょう。

ヘアカラー直後はシャンプーをしない

ヘアカラーを定着させるためにもシャンプーは避けましょう。特に洗浄力の高いシャンプーを使うと、キューティクルが剥がれてカラー剤や保湿成分が流れ出てしまいます。施術当日はもちろん、最低でも24時間はシャンプーを避けるのがおすすめです。

ドライヤーで乾かし過ぎない

洗髪後はドライヤーで乾かしますが、その際に重要となるのがドライヤーで乾かし過ぎないことです。熱を与えすぎるとキューティクルが剥がれる原因となってしまいます。タオルでしっかりと水分を取り除き、ドライヤーによる乾燥時間を短縮することが大切です。

日焼け対策を行う

お肌だけでなく髪の毛の日焼け対策も行っていますか?紫外線を浴び続けることで髪や頭皮が乾燥して、髪がダメージを受けてしまいます。髪のダメージはキューティクルの剥がれによる色落ちの原因となるため、髪にもしっかりと日焼け対策を行いましょう。

美容院でヘアカラーを行うベストな頻度

美容院でヘアカラーを行うベストな頻度

美しい髪を維持するためには、どれくらいの頻度で美容院を訪れてヘアカラーを行えばよいのでしょうか?こちらでは、理想の頻度をご紹介いたします。

リタッチなら2ヶ月に1度

個人差はありますが、一般的に髪は1ヶ月に1cm伸びると言われています。伸びた部分が目立つ前にリタッチを行うためには、2ヶ月に1度のペースが理想です。

全体の色合い補修

美しいヘアカラーを維持するためにしっかりとケアを行っていても、2週間も経てば色が変わってしまっていることも多いです。ヘアカラーの種類にもよりますが、カラー直後の色を保ちたい場合は、数週間~1ヶ月でカラーを補修する必要があります。

加古川で美容院の利用をお考えでしたら、浜の宮駅から車で8分の場所にあるLegame.へお越しください。加古川にあるLegame.は、上質な商材を使った丁寧でハイクオリティな施術を提供している美容院です。お客様一人ひとりに合ったヘアスタイルをご提案いたしますので、初めての方もまずはお気軽に足をお運びください。

加古川で「なりたい自分になれる」美容院

店舗名 Legame.
住所 〒675-0016 兵庫県加古川市野口町長砂617-10
電話番号 079-440-6930
営業時間 9:00~19:00
定休日 月曜日、第2、3火曜日
最寄駅 JR 加古川駅
URL https://hairmake-legame.com/